34歳バーテンのジャーナル

沖縄の34歳、読書好きのバーテンダーが悟りを開く挑戦ブログ 

ドアを開けたら何がある❓のジャーナリング

土曜の夕方の図書館、今日はずっと天気わるいけど体調は好調。ニューズウィーク読んで。ニュートンよんでた、相対性理論。今日は予約入ってるのでこれから買い物。

 

今回のテーマはドアを開けたら何がある❓

15分スマホでスタート。

 

ドアってとても気になる物、自分にとっては。

 

それは、開けないとなにがあるのかわからない。開ける時のドキドキ感。

 

開けると、別の空間に運んでくれそうな物だから。

 

ドアを開けたらで出来て欲しい空間ランキングを勝手につくってみようとおもう。

 

やっぱり1位はセクシーな女性のいる部屋へ繋がっててほしい。しかも、オシャレな寝室に。

 

2位は、どうしよ、どうだろ。

綺麗なオーロラの見える夜景へ繋がってて欲しいな。人口物はそのドアだけで。とっても静かで、びっくりするくらいに寒くて、でもそのオーロラの壮麗さに驚いて寒くさも忘れるほどの風景。ドアがあいてそんな空間が広がってたら最高だな、どこでもドア最高だな。

 

3位は、未来かな。でも絶望するかもしれんから過去かな。自分の事振り返ってもしゃーないから、江戸時代とか、沖縄の昔とか古代ローマとか。恐竜も見てみたいなー、すごくでかいんだろうな〜。

 

ドア、ドアっていいね。襖もいいけど、涙が出るほど最高の景色を見れるトコに連れてって欲しいとおもう。惚れ惚れする人に出会える空間に連れてって欲しいと願う。

 

これからドアを開けてAプライスに買い物に行く。