34歳バーテンのジャーナル

沖縄の34歳、読書好きのバーテンダーが悟りを開く挑戦ブログ 

アースリングについて。

今日、アースリングについての動画を見ていた。

アースリングとは、つまり裸足で歩いてみる。とか、地球とつながるという意味らしい。

地球には力が、パワーがあるので、地球にせっしてパワーをもらうといことなのだろう。

 

瞑想や、呼吸に意識を向けてるようになって結構リラックスできるようになってきたけど。やっぱり、腹立つ人がいる。腹立つひとのことを考えて、腹をたてることがある。

時間がもったいないと思いつつも。

なんでだろう?

自分から見て、バカのひとがのうのうと生活しているのを想像するだけで、結構腹立つ。人に腹を立てることを自分は望んでいるのか?腹立てることが快感につながるのか?

そんなはずはないだろう、多分不快だから、嫌なことから抜け出すために意識に浮かべてるのだろう。この状況を変えないといけないので、不快という感情を使って、ノルアドレナリンかな?を使ってこの状況を変えようとする、無意識のなす行為だ、これは。

だとしたら、甘んじないで状況を変えるようにしないと、しかも早急に。この状況を変えないと。生産性や、創造力のない人々に合わせて時間を無駄にしてはだめだ。自分の大事な想像力と、楽しむことを楽しめる大事な心を守り育てないといけないよな。

 

自分は想像する力があり、創造する能力もある。判断力もあり、共感の能力も強い。

また、人々に共感してもらう能力にもすぐれてる。

 

この、特定の人に向けている嫌悪感を上手に使って、この状況を抜け出そう。しかも、早い時期に。この環境に慣れることが一番怖いから。

しかし、嫌悪する人達にも敬意を示そう。その人達もいずれ一緒になにか行動できればいいから。落ち着いてその人の幸福も願おうと思う。すくなくとも笑顔で、その人々の幸福を願おう。

自分の想像力を守るために。育てるために。

 

この文章を書いて、すこしすっきりした。

なにも同じ土俵で戦う事ないもんな。戦う以前のもんだいかも。