34歳バーテンのジャーナル

沖縄の34歳、読書好きのバーテンダーが悟りを開く挑戦ブログ 

潜在意識 のジャーナリング

さっき、ひょんなきっかけから、斎藤ひとりっていうとの音声をきいていた。

要約すると、潜在意識のはなしだったとおもう。

脳は抜きをするから、能をメタ認識して、脳を活用する類の話だとおもう。

 

印象的だったのは、なにかおかしいと思う事。おかしいところを探すこと。

絶対に、おかしい理由がある、それを絶対見つけると思う事。

潜在意識をりようして、おかしいところを探す。

そうすうると、自分の今の現状のダメな部分が見えて、改善する。

すると人生はうまくいく。

まずは探す。見つける。改善する。

 

当然努力、自分の理想に近づく努力ありきのはなし。

努力抜きなら、もちろん現状維持いっぱんの人と変わらないんだもの。

まずは、努力だな。人一倍の努力。

そのあと、探す。金持ちと、一般人の違いを探す。

金持ちじゃなくてもいいか、成功してると自分がおもってる人を探して、違いを探す。

時間の使い方、お金の使い方、人の使い方、頭の使い方。

この4つかな。

 

結構いい話きけたかも、ちょっと旗とかよく見かけてたから、少し胡散臭い感じしてたけど。まともないい話ししてたな。

学校教育にも、自己啓発入れるべきかもしれない。

脳を味方にする生き方なんていいかも。

すべては脳での出来事だからな。

 

今日高城剛の話を聞いてたけど、やっぱ思い込みとか、イメージが大事なんだよな。

しかも強いイメージ、現実にそこにいるような強いイメージ。

匂い、感覚、音、視覚、場合によっては味まで。

感覚のイメージを強くする訓練も必要だと思った。

 

一日、瞑想2回にして、成功してる感覚をイメージしながらしてみようか。

早く、瞑想仲間ができ欲しい。まだ周りにいないからな。

さがさないと、沖縄で、しかもうるま市でやってる人なんてほんの一握りだよなー。

 

今日もお店暇そうなので、本を読もう。 

ケリー・マクゴニカルの自分変える教室。

さくさく読もう。

 

思い込み、思い込み、思い込み。

いいイメージ、いいイメージ、いいイメージ。