34歳バーテンのジャーナル

沖縄の34歳、読書好きのバーテンダーが悟りを開く挑戦ブログ 

仏陀についての ジャーナリング

沖縄、蒸し暑い。エアコンまだつけたくないので、今日は蒸し暑い男。

明日からまた雨らしい。梅雨ですもの。

 

今日は、1時に起きて2時には図書館。5時から天願川を散歩してきた。

今日は予約なし、たくさん客来やがれ。かわいい子来やがれ。

 

図書館では、ニューズウィークと、気功の本と仏陀の本読んでた。

気功興味深いわ、悟りを開きおわったら次は気功や。

「中村元 ブッダ入門」の画像検索結果

この本y

f:id:hakusingo:20170530205958p:plain

この本よんでた、おもろい。

仏教の勉強は3年前くらいからしてたので、結構知っている事は多かったけど

新しい発見、そして改めて仏陀のすごさを感じることができた。

まだ読みほしてないけど、あと数ページ。

次、瞑想するとき、四諦を考えてみよう。

 

ちなみに四諦をおさらい。苦集滅道、この4つの考え。

まず苦、思うようにならない事。

次に集は、煩悩があるから苦しみが起きる。

滅は、煩悩を制したとき苦しみは消える。

道は、その境地に向かっていくためには正しい実践を

 

あと、中道もおさらい。

快楽に溺れないで、また苦行でもな。それが中道。

 

あと、8正道や縁起の概念がまだきちんと理解してないので、

次読む本で理解していきたいとおもってます。

 

あと、今日は散歩のときに高城剛ポッドキャストのラジオきいてた。

やっぱり高城剛はおもしろいことばっかするし、面白い知識をもってる。

そのゲストに気功師の女性がでてたんだけど、彼女の話も面白かった。

やっぱ気ってあるんだよな。パワーというか。

いま、自分の考える気功は想像力のパワーだと思う。

想像や創造が何らかの力を秘めているとおもう。

今の社会は、想像のちからや、気の力を再確認するのがこれからのトレンドに

なるとおもう。もっと神秘的なものに視野を広げて、

そして神秘的なものが、突き動かしてくれる感情を使って

どんどん力強く、世の中を走りまわってくのが自分の使命?

そうなのかも、自分がどこまでやれるか試す舞台と思って

この人生を生きるのがいいことなのかも。

そんな感覚を実感してきつつある日々を送ってます。

 

変わることを恐れずに日々生きてます。

 

さあ仕事しよう、今日もいい出会い。まってます。