34歳バーテンのジャーナル

沖縄の34歳、読書好きのバーテンダーが悟りを開く挑戦ブログ 

メモするようにする のジャーナリング

今日は誰も来ない。ほんとに誰も来ない。

蒸し熱いし帰ろう。

 

トルステンハーフェナーの本と、ヴィパッサナー瞑想の本を読んだ。

今日瞑想して感じたことは、イメージと体はつながってるって事と

すべての物体もつながってるということ。

呼吸に注意しながら瞑想することで、すべての物はつながってして

イメージと思考と物質も境界線なんてなくつながってるということ。

思考もエネルギーをもっていて、思考や注意、イメージをすることによって

現実世界に影響を与えるということを感じた。たぶん瞑想や意図的な注意を

続けていくうちに確信に変わっていくと思う。

 

ヴィパッサナー瞑想の教えの神髄は、気づきと心の平静。

これに尽きる。ということ。

かえってまた少し瞑想しよう。気づきと心の平静。

すべての人々の幸福を願い行動することが真の幸福だと思う。

 

また、事故を見つめて自分の名前ってかっこいいなとおもった。

親父に感謝したい、この名前だからこそこんな風に成長できたんだと思う。

今、幸せを感じるからこそ思うことだとおもう。

最近はほんとに感謝することが増えてきたと思う。

 

あと、あまり不安になったり、変にイライラすることが極端に減った思う。

さらに自然をかんさつして、自然の素晴らしさやエネルギーに注意をするように

なってきたと思う。すばらしい瞑想の効果。

もっともっと感覚が研ぎ澄まされて、どんどん幸福になっていくと思う。

 

さあ帰って瞑想して、少しメンタリストみてぐっすり寝よう。

あした、図書館いってストレスについての本をじっくり読もう。

明日も楽しみ、しかしこの一瞬一瞬が大切で素晴らしいものだと感じる。

 

そうだ、今日はむっちゃんと話して週末にリョーコーの家に行くことになった。

たくさん話してこよう。

あと、また羽原さんから連絡あって8月にまた沖縄に来るかもしれないので

その時また一緒に沖縄を堪能しよう。

 

では帰るべ。