34歳バーテンのジャーナル

沖縄の34歳、読書好きのバーテンダーが悟りを開く挑戦ブログ 

34歳のジャーナリング

 また久しぶりのジャーナリング

最近パソコンに触ること少なくて、ジャーナリングしてかった。

今日からまた、記録していこう。

 

最近は、なにしただろう。取り合えす8月になりました。

そして、3日は誕生日を迎えることになりました。

 

先月のモアイがすごく楽しくて、7月31日だけうつ病になってしまった。

 

がしかい、あたらしいいい本に出会い。それから絶好調。

パム・グラウトってひとの「こうして思考は現実になる。」

って本をよんで、がらりとマインドが変わった。

平行して、高城剛の本も並行してよんでる。

 

徹底的なポジティブ思考な本だと思う。

高城剛曰く。ポジティブとは、魂の喜ぶことだと。

ホントにその通りだと思う。

徹底的に自分と向き合って、自分の心と向き合い会話する。

そして、潜在意識=魂?がよろこぶ事だけを考え、行動する。

頭や心ではなく、魂。

潜在意識のとの会話。変性意識まで、深く入っていかないと

自分との対話は難しいとおもう。

変性意識まで下りる修行。これ、今の俺がやらないといけない事だな。

 

そのために、体のノイズ=脂肪を取り除く。

瞑想を行い、思考のデトックスを行う。

 

これは、日常生活で少しづつ浸透してきたと思う。

もっと、もっと深いところまでいかないといけないけど

たのしみだし、その過程を楽しむし、楽しめると思う。

 

あと、イメージをする練習。

楽しい事を、楽しいことだけをイメージする。

思考は現実になる。そんなことは当たり前だ。

どんだけビビットにイメージできるかが課題だとおもう。

 

あと、地球と一体となる。この練習も。

自然を感じる訓練。諸法無我

自分と、自分以外のものや思いに違いは無い。

すべてつながっている。

時間もつながっている。

 

具体的にやること、やりたいことを挙げて以降。

 

徹底的な自己との対話。

瞑想を毎日行う。瞑想の修行できる場所に行く。

体のノイズ=脂肪を

 

いま、高校の同級生から連絡があってこれから来るらしい。

8月に入っていろんな出会いや再開がる。

人が自分を経由してる感じがする。なんだろうこの感覚。

ほんとにすごく考え方が変わった。

毎日不思議にいろんなこと、変わったころ、今までは考えられなかった事が起こる。

このまま、こんな日々を送りたい。

正直少し素晴らしいことが起こりすぎて怖い感じ。

 

きたー、よし。楽しもう。